ニュース

2.26 メディア露出情報(3月1日~3月7日)

<新聞・雑誌>

3月1日(月)
「J Movie Magazine」 インタビュー(坂口健太郎)
「日本映画navi」 インタビュー(坂口健太郎)
3月5日(金)
「InRed」 インタビュー(坂口健太郎)
  • ※掲載日は予定のため予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

2.25 完成報告会オンライン参加者緊急募集!

『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』完成報告会の開催が決定!
ビデオ通話サービス「Zoom」を活用して、キャストたちと一緒に本イベントへオンラインで参加できる方を30名様緊急募集いたします!

日時:2021年3月2日(火)17:00~
出演者:坂口健太郎、北村一輝、吉瀬美智子、木村祐一、池田鉄洋(以上予定)

ご応募・詳細はコチラ

2.19 メディア露出情報(2月22日~2月28日)

<新聞・雑誌>

2月24日(水)
「デジタルTVガイド」 インタビュー(坂口健太郎)
2月26日(金)
「Oggi」 インタビュー(坂口健太郎)
  • ※掲載日は予定のため予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

2.17 Loppi限定グッズ付きムビチケコンビニ券予約受付中!

Loppi限定グッズ付きムビチケコンビニ券を予約受付中!
グッズは映画ビジュアルを立てて飾れるアクリルプレート!

詳細はこちら

2.16 劇場版主題歌 BTS「Film out」に決定!
最新予告映像公開!

主題歌は、連続ドラマに引き続きBTSが務め、新曲「Film out」に決定!
楽曲提供・プロデュースはback number!そして、最新予告映像も公開!

今回の主題歌となった「Film out」は、今でも目に浮かぶあの人、心の中から消えないあの人を想う情緒深いバラードになっており、制作過程ではback numberの作ったメロディラインに感化されたBTSメンバーJUNG KOOKが新しいメロディを提案するなど、互いの思いが1曲に集約された文字通りback numberとBTSのコラボレーション作品が実現しました。なお、back numberにとって、楽曲提供は初めてとなります。

<コメント>

■BTS
ドラマ『シグナル』で僕たちの歌「Don’t Leave Me」が主題歌でした。
そして今回、さらにスケールアップした映画でも主題歌を担当することになり、とても嬉しいですし、作品もとても楽しみです。
今回の「Film out」という曲は、back numberさんと僕たちが一緒に作った歌で、(back numberの)清水さんが送ってくださったデモを受けとった時、メロディーがとても素敵で心惹かれました。
今回、作業しながらすごく好きになった曲なので、皆さんも気に入ってくれたら嬉しいです。
メロディーも歌詞も切ないバラード曲なのですが、たくさんの人の心を”泣かせる”ことができる歌だと思います。
映画と一緒に僕たちの歌もぜひ鑑賞してください。
■清水依与吏(back number)
お話を頂いた時はとても驚きましたが、少し想像しただけですぐに魅力的なメロディーが頭の中で鳴ってくれていたので、これはすでに化学反応が始まっているのだと気付き、やらせて頂こうと決意しました。
自分以外の人が歌う事を想定しての楽曲制作が初めてだったので不安はありましたが、経験豊富なスタッフや共同編曲者であるUTAさんの尽力、JUNG KOOKさんとの刺激的なやり取り、そしてBTSメンバーそれぞれの持つ個性や表現力のおかげでとても叙情的でいてパワフルな楽曲が完成した事を嬉しく思います。
■坂口健太郎
初めて聞いた時、ドラマの時から成長した三枝健人の心情や、クライマックスのシーンの心の揺れ動きをそのまま一つの曲にしてくれたような印象でした。
今回も力を貸してくれたBTS、そしてback numberさんが作ってくれた音楽と合わさって、この作品をより一層深めてくれるような曲だと思います。

2.12 スペシャルドラマ 3月30日(火)よる放送決定!

この度、「シグナル長期未解決事件捜査班」のスペシャルドラマの放送日が決定しました!
原作の韓国ドラマ『シグナル』の中でも特に人気が高かったストーリーを映像化。
20年前に自殺した婚約者が生きていた!?今も忘れられない最愛の人の行方を追い求めて、男の止まっていた時間が動き出す!
そして、殺人の汚名を着せられた大山の運命は!?

日時:
3月30日(火)よる9時30分
カンテレ・フジテレビ系全国ネット
※編成日時については変更の可能性あり
脚本:
仁志光佑
演出:
鈴木浩介
出演:
坂口健太郎 北村一輝 吉瀬美智子
詳しくはコチラ

2.12 メディア露出情報(2月15日~2月21日)

<新聞・雑誌>

2月18日(木)
「ピクトアップ」 インタビュー(坂口健太郎)
2月19日(金)
「CUT」 インタビュー(坂口健太郎)
2月21日(日)
「MEG(関西版)」 表紙+インタビュー(坂口健太郎)
  • ※掲載日は予定のため予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

2.5 ノベライズ発売決定!

本作のノベライズの発売が決定しました。

『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』(宝島社文庫) 
脚本:仁志光佑 林弘  ノベライズ:佐野晶
3月4日(木)発売予定 本体680円+税

映画のおもしろさそのままに、小説で楽しめる一冊です。
映画公開に向けて、ぜひお楽しみください。

11.25 特報1・ポスタービジュアル解禁

『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』の特報とポスタービジュアルが解禁されました。

11.25 公開日・追加キャスト決定!

『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』の公開日が2021年4月2日(金)に決定致しました!そして、北村一輝、吉瀬美智子、木村祐一、池田鉄洋、青野楓が、連続ドラマに引き続き劇場版にも出演!さらに、本作からの新キャストとして、伊原剛志、鹿賀丈史、田中哲司、杉本哲太、奈緒といった豪華キャストが集結!

◆長期未解決事件捜査班

・三枝健人(坂口健太郎)… 警部補。過去に生きる大山と無線交信する。
・桜井美咲(吉瀬美智子)… 未解決班の班長。大山の後輩
・山田勉(木村祐一)… ベテラン捜査員
・小島信也(池田鉄洋)… 優秀な鑑識官

◆慶明大学 法医学教室

・安西理香(青野楓)… 長期未解決事件捜査班に協力する慶明大学 法医学教室の准教授

◆城南署(2009年)

・大山剛志(北村一輝)… 熱血漢の刑事

◆警視庁

・青木潤基(伊原剛志)… 警視庁・刑事部長。誰よりも強い正義感を持ち、理想に燃える警察官
・山崎聡士(田中哲司)… 警視庁・公安部長。将来を約束されているリアリスト。青木と同期。

◆政府

・三谷宗久(杉本哲太)… 内閣情報調査室次長。あらゆる情報に精通し、暗躍する
・板垣真二郎(鹿賀丈史)… 内閣官房長官。表裏両方で日本の政界を支配している

・小泉ミチル(奈緒)… 女性ジャーナリスト。三枝たちの捜査に協力する

コメント

<坂口健太郎>
北九州にロケに行ったり、東京でも大規模な撮影をしたりと、大変なシーンも多かったですが、撮影を重ねるたびに、キャストやスタッフの方々との結束力が高まって、とても充実感のある日々でした。
連続ドラマから、スペシャルドラマ、映画と続いていますが、原作の韓国ドラマのクオリティの高さはリスペクトしつつ、僕や北村さん、吉瀬さんをはじめとしたキャストで新しいストーリーをオリジナルでできたことは大きな喜びでした。
北村さんとは、ドラマの撮影中は、僕が連続ドラマ初主演だったこともあって、不安なことをたくさん相談したりもしていたのですが、その時に、北村さんの内面や、大山巡査部長というキャラクターを一回吸収したので、今回の撮影では、ほとんどお会いすることができませんでしたが、顔と顔を向き合わせて話さなくても通じている安心感がありました。
吉瀬さんは変わらずとてもキュートな方で、連続ドラマを撮り終わって、約2年半くらい経ちますが、今回撮影でお会いした時も久しぶりだと感じないくらい、自然体でいることができました。
橋本監督は、いつもとても楽しそうに撮影されていました。僕がチャレンジしたいことなども話やすい雰囲気を作って下さって、そういう環境でお芝居できるというのは、とてもありがたかったです。
<北村一輝>
映画では、大山だけ、過去の時代の設定で、ほぼ撮影は一人という、孤独な戦いでしたが、それが「シグナル」の良さであり、そこも含めて楽しめました。
何より、2~3年ぶりに同じスタッフが集まり、「シグナル」で再び大山役を演じることができて嬉しかったです。
僕が演じる大山は現在パートの皆さんに会えるのか…劇場版を楽しみにご覧ください。
<吉瀬美智子>
アクションもあって大変な撮影でしたが、今から完成した映画を観るのがとても楽しみです。
シリアスなシーンもありますが、現場は常に和気あいあいとしていて楽しく撮影することができました。
連続ドラマからさらにパワーアップした作品になっていると思いますので、楽しみにしていて下さい。
<伊原剛志>
撮影はテンポよく、監督も的確に演出して下さったので、とてもやりやすかったです。
僕は物語のカギを握る役なので、思慮深い人物に見えるよう心掛けました。
坂口さんとは、初めて一緒にお芝居をさせて頂きましたが、気持ちいいくらい自然に臨んできてくれたので、良いシーンになっていると思います。
<奈緒>
撮影はとても緊張しましたが、坂口さんと吉瀬さんと一緒のシーンからスタートで、お二人の雰囲気がとても柔らかかったので、安心して撮影に臨むことができました。
坂口さんが演じた三枝は、殺伐とした警察の中で、ピュアな信念を持ち続けている人なので、まっすぐな志をもっているミチルともリンクする部分があり、惹かれ合って、信頼関係を築いていく姿が印象的でした。
撮影は3日間だったのですが、アクションシーンに挑戦したのも初めてで、とても思い出に残る撮影になりました。
私が劇場版からの参加ですが、「シグナル」ファンの方も、劇場版からご覧になる方も、絶対に楽しめる作品になっていると思いますので、是非、劇場で楽しんでください!